機械式時計は大変だけど愛おしい!

時計の魅力は様々ですが、デジタル時計が主流の中で機械式時計の「手をかけなければ動かない」という魅力に惹かれる人も多いようです。そもそも、機械式時計とは電気などを使わず、ゼンマイを巻くことで動く造りとなっています。また、機械式時計は一生ものとよく言われ、様々なファッションに合わせやすいという点から成人した記念や就職した記念などに買ったり、プレゼントされることが多いようです。とはいえ、数多くのパーツから出来ているため、日々のお手入れや定期的なメンテナンスなどきちんと手をかける必要があります。

ファッションとメンテナンス

機械式時計を長く使うためには、腕から外した後が大切だと言われています。機械は温度に敏感で、精密機器である機械式時計は特にゼンマイで動くため、温度差が生じると伸び縮みが起きることがあります。そのため、適度な温度に保つ必要があり、例えば家の中ではお風呂場などに放置するのは厳禁です。また、磁気や衝撃にも弱いため、テレビやスマートフォンなどの電子機器の近くに置くことも避けなければなりません。他にも、デジタル時計と機械式時計は一見見分けがつかないものもあることから、もしファッション性を重視するなら機械式だとすぐにわかるようなもの、または時計の中の機械が見えるようなデザインのもの(文字盤が透明なものなど)をおすすめします。長く身につけるための日々のメンテナンスが、自分の日常の一つになればより一層愛着が深くなるはずです。

ウブロの腕時計は、ステータスシンボルとなり得るアイテムです。手元を魅力的にラグジュアリーに演出することが出来ます。