ケースや風防の汚れは乾いた布で拭き取りましょう

機械式時計にはケースや風防と呼ばれる部分があり、ケースは時計本体の部分を指しており、風防は文字盤を覆っているパーツの事で主にアクリルやガラスといった素材が採用されています。ケースや風防といった部分は長く使用していると手垢や指紋が付着しやすくなります。これらの汚れを取り除くには眼鏡を拭く時に使用する布を使うのがおすすめです。手垢や指紋もスムーズに拭き取れる上、時計にキズなどを付けてしまう心配もありません。一方、ケースや風防部分を手入れする際、水拭きするのは避けるようにしましょう。ムーブメントがサビてしまう可能性がある他、例え防水機能が備わっていてもパッキンが劣化してしまう場合もあるので注意が必要です。

そのため、使用して汗が付いた場合は、乾いた布を用いて時計を拭き、湿気の少ない場所で保管するのが良いでしょう。また風防部分は使用すると細かいキズが付きやすいので、その場合は歯磨き粉を用いて磨くときれいな状態に仕上がります。ただ、風防の中でも反射防止用にコーティングされているものなどに歯磨き粉を用いると逆にキズ付ける可能性もあるのでその点は注意しておきましょう。

ベルトは使っている素材によってメンテナンスが異なる

機械式時計のベルトには主に金属や皮革が使われている事が多いと言えますが、素材によってメンテナンスの方法は異なってきます。例えば金属製の場合は、長く使用していると手垢などがコマとコマの隙間に入りやすくなります。汚れを除去するには、中性洗剤等を使用して洗うのがおすすめで、深いキズとなっているのであれば、時計店に依頼するのが賢明と言えるでしょう。自分で修復しようとするとかえってキズが広がる可能性があります。一方、皮革の天敵と言えるのが汗や湿気などの水分であり、皮製ベルトが劣化してしまう要因となっています。そのため、皮製ベルトの時計を使用した後はベルトの内側に付着した汗は拭きとっておくと良いでしょう。

ムーブメントのメンテナンスは専門業者に依頼しよう

機械式時計のムーブメントはゼンマイや歯車をはじめ、多くの細かな部品で構成されています。そのため、長年使用していると部品の摩耗や劣化が起きやすくなります。摩耗や劣化を予防するにはムーブメントのメンテナンスは必要不可欠と言えます。しかし、ムーブメントは細かな部品を使用しているので、自分でメンテナンスをするのは非常に難しいです。また、無理に自分でメンテナンスをしようとするとかえって時計が故障してしまうリスクもあります。ムーブメントに関しては、定期的に時計店など専門業者に依頼するのがベストな方法と言えるでしょう。

ヨシダの公式サイト