ペットショップでの子犬の選び方

ペットショップでは、通常子犬はケージに入れて展示されています。ガラス張りになっているので、外からでも子犬の様子を眺めることができます。犬は人間と同じようにそれぞれに性格が異なるため、はじめは気になる子犬を観察し様子を見ることです。元気の良い子犬は人気がありますが、集合住宅の場合は吠えたり駆け回ったりすると周囲の迷惑になることもあるので、一緒に生活していくことを考えながら、ペットを選ぶことが大切です。信頼できるペットショップを探すために、複数店舗下見をすることが好ましいですよ。

見て触ってペットを確かめる

気になる子犬を見つけたら、まずは店員さんにお願いして抱っこをさせてもらうことです。店員さんに頼めば、快く子犬を抱っこさせてくれますよ。抱っこをしながらペットとの相性や毛並みの艶、そして体調などをできる限りチェックします。これから家族の一員になるので、ペットと飼い主の相性はとても重要なポイントです。そこで、実際に抱っこをしながら細かいところまでチェックができるとなお良いです。

ショップ店員の説明をよく聞く

子犬の購入が決定したら、契約になります。売買契約を結ぶ上で、ペットショップの店員から様々な説明があるので良く聞いて、わからないことは何でも質問しましょう。子犬の売買契約が成立した後に、子犬を譲渡する日程を調整します。購入したらすぐに連れて帰ることはできず、諸手続きが済んでから、お家にお迎えをすることができるのです。その手続に際して、血統書や医療保障の申し込み、それに、予防接種などの細かな説明があります。

共働き世帯が増えている昨今、お世話が楽な猫を飼う人が増えています。子猫販売なら東京がお勧めです。なぜなら、東京には優秀なブリーダーが多く、しっかり躾をされた健康な子猫と出会う機会に恵まれいるからです。